パニック障害を克服する!おフロ恐怖症の僕が編み出した『最強の入浴法』とはッ

可愛い妻、3人の男の子たちと身軽に生きるため『脱サラ』『脱組織』に挑む大黒柱ジュニアでございます。現在38歳ッ。

 

前々回「八木仁平のイントラサロン」にビビ散らかしながら参加した記事を書いたところ…

 

 

 

と、イントラサロン主催のお二人から二日に渡りtwitterでご紹介頂くという…

 

まさにビギナーズラック、ラッキーパンチ!

 

見たこともないPV数に
残りの運の87%を使い果たしてしまったのではないか」
と半ば歓喜し、半ば怯え…

スマホを持つ手をブルわせた
前々回の記事でした。

 

そしてそんな一発屋の僕が書く今回のテーマは…

 

「パニック障害」でございます!センシティブッ!

 

僕とパニック障害

 

前回の記事、本当にたくさんの方が読んでくださいました。
そこで改めて「僕という人間をお伝えしなければ」と思い始めました。

 

このブログのタイトル、「僕は身軽に生きたくなった」。
なぜ身軽に生きたいのか?

 

その根底にはこのパニック障害がありました。
今さらのカミングアウト!

 

このパニック障害…
医療機関で正式に診断されていない人も含め、かなり多くの方が日々悩み、生活を脅かされているのではないかと思います。

 

この記事を読んでいる方の中にも、同じような悩みを持つ方がいるかもしれません。

 

僕の場合は26歳で発症して以来12年間。
パニック先生との付き合いは決してラクなものではありませんでした。

 

発症した当時の状態をMAXの10とするなら、現在は3〜4まで寛解したでしょうか。
それでも『以前はできたけど、現在はできなくなったこと』がたくさんあります。

 

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”YOMEさん”] ちょいまち!そもそもパニック障害ってナニ? [/speech_bubble] [speech_bubble type=”rtail” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”JUNIOR”] あ、ですよね〜![/speech_bubble]

 

パニック障害ってナニ?どんな症状なの?

 

……マジかッ!怖ーーーーーーッ!!!!

 

ほら、改めて読んでもやっぱ怖い!
今読んでもウッ!てなります(笑)

 

もうね、調べれば調べるほどドツボにハマりましたよ、当時は。
見なきゃいいのに見る。良くなりたい一心で。

 

それがまた怖くて暗いんですよ、パニック障害関連の本とかブログって。
暗示にかかるように気持ちはどんどん落ちる⤵️

 

ちなみに僕の場合どんな症状だったかと言うと…

 

『突然の動悸・不安・冷や汗』
『いてもたってもいられない感じ』
が主でした。

 

初恋か!それも一目惚れかッ!て感じです。

 

しかし当の本人は大マジですから、全くもって笑えません。
突如襲ってくる「よくわからない不安、恐怖」に怯える日々でした。

 

 

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”YOMEさん”] 結婚前大変そうだったもんね〜[/speech_bubble] [speech_bubble type=”rtail” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”JUNIOR”] そう!結婚してくれてありがとッ![/speech_bubble]

 

パニック障害で苦手になったことリスト

 

もともとは割と行動的な僕。外出大好き。
それがこのパニック障害(もとい、以下ピー助と称する)発症を機に
どんどん行動範囲を狭めていきました。

 

またあの不安が来たらどうする…

人前であの発作が出たら恥ずかしいッ…


ピー助の圧、ハンパなし!

 

そして、以下のようなことが出来なくなりました。

 

《苦手になったことリスト》

• 一人で家にいる→(現在はややマシ)

• 一人で家にいる時に入浴する

• 一人でバス、電車、飛行機、船に乗る

• 一人で遠出する→(市内はほぼOK)

• 高速道路にのる

• 車で渋滞にハマる

• 人がたくさん集まるところにいる

• すぐに外に出られない状況、出口がわからない環境にいる

etc…

 

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”YOMEさん”] まだ苦手意識あるの??[/speech_bubble] [speech_bubble type=”rtail” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”JUNIOR”] ある!風呂ッ!オレフロコワイッ![/speech_bubble]

 

なんでお風呂が怖いのか??

 

数ある苦手リストの中でも特に風呂!
今回はこのお風呂について語ろうと思います。

 

「お風呂」はピー助の登場率がグッと上がります
僕的に『症状が出る時の要素』が豊富なんです。

 

《オレオフロコワイの構図》

1 一人で密室だ(もしも不安が襲ってきたらイヤだな)

2 頭を洗うときに目をつぶる(よからぬ想像をしてしまう)

3 携帯を持ち込めない(いざという時TELできない)

4 何より素っ裸でビショビショ(服を着るのに時間がかかる)

5 外に飛び出せない(飛び出したら公然わいせつ罪でポリスッ!!)

 

そんな感じですッ

お風呂では界王拳35倍くらいの想像力になるんです。

 

要はお風呂の…

「逃げられない状況」「一人になる状況」が怖いんです。

 

 

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”YOMEさん”] えーー!じゃあ一人でオフロ入れないじゃん![/speech_bubble] [speech_bubble type=”rtail” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”JUNIOR”] フフフ…YOMEよ!ワタシは秘技を編み出したのだよ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”YOMEさん”] 秘技??[/speech_bubble] [speech_bubble type=”rtail” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”JUNIOR”] 名付けて…『一人時間差入浴』ッ!!!![/speech_bubble]

 

僕が編み出した『一人時間差入浴』とは!?

 

6年前、初の出産のためYOMEさんが実家に帰ったとき…
僕は悩みました。

 

家にひとり…!

フロ、どーする!?オレ!?

イッツ・ァ・トラボゥッ!!

 

独居の状態で風呂に入れば確実にピー助が来る…!

 

追い込まれた末に出した結論は『アホ丸出し』の策でした。

 

まずは『脱出準備』を整える

 

先に言っておきますが…
僕はこれからフロに入ろうとしてます。大マジです(ドーン)。

 

…まずはクツを用意!↓

 

ソッコー履けるやつ!!

 

 


 

服も用意しておこう…!

ちょっとテンション高めの明るいヤツにしとけィ!↓

 

 


 

持ち物は必要最小限に!!

これを脱衣所に置いとけッ!!↓

 

↑スマホと携帯・・・いっしょやん、間違えた!スマホと財布ね!w

 

よし!これで脱出準備は整った!

何かあったら全力で逃げたるッ!

 

そして…

いざ『一人時間差入浴』ッ!!

 

『一人時間差入浴』…

 それは一人で家にいる時はビビってフロに入れない(当時)32歳の男が追い詰められた末に編み出した究極の入浴法であり、門外不出の禁じ手。

その要領の悪さと見た目の情けなさから別名…
『マジで誰にも言わないでくれ入浴法』とも称される。

〜世界入浴法大全より引用(ウソ)〜

 

そう、それはあたかも…

『フロに入ってる感じがしないようにフロに入る』

 

という妙技でございます。


 

①まずは上から洗う

(写真はイメージです)

 

 

これならもしピー助が来ても…

Tシャツ着て、頭にタオル巻けば脱出可能!

 


 

②いったんフロから上がって髪を乾かす

(写真はイメージです)

 

 

ここでハーフタイム!休憩…

頭と上半身を洗い終えた自分を褒める!

 

 

ホッと一息した後は…

ラストスパート!がんばれオレ!ゴールは近いッ!

 


 

③下を洗う

(写真はイメージです)

 

 

ここで油断は禁物だ!!なぜなら…

 

この格好で外に飛び出すのが一番マズイッ!!

確実にONAWAだッ!!!

 

焦らず、鼻歌まじりで下半身を仕上げろ!

 

…と、これにて無事入浴完了であります。

ぶ、無事かッ!?w

最後に。まとめと一言。

 

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”YOMEさん”] なんてメンドくさい!そして話ジラしすぎ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”rtail” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”JUNIOR”] こっちゃ大マジじゃッ!これで入れるようになったんじゃッ![/speech_bubble]

 

まとめ

 

たいそう勿体ぶって説明させていただきましたが…

要は『フロが怖いヤツは全裸になるなィ』

 

という一言に集約できます(笑)長々とすみません。

 

当の本人はいたって大マジメに、この方法でオフロ恐怖症を克服してきました。

 

振り返って文章にしていくと情けないやらアホらしいやら。

 

このオリジナルな入浴法は僕にとっては有効でしたが、誰にでも効果があるかはわかりません。

 

今現在パニック障害、もしくはそれに近い症状に悩み、一人で苦しんでいる方。
まずは何より専門の医療機関で正しい指導、処方を受けられることをオススメさせてください。

 

僕自身も発症した25歳から38歳の現在に至るまで、主治医の指導のもと薬を飲み続けています。

 

僕自身は『病院にかかる』『運動をする』『読書をする』『睡眠をとる』『人と話す』という5つをただ地道に時間をかけて繰り返し、寛解に至りました。

 

薬を飲むことに抵抗がある方って少なからずいらっしゃいます。

 

しかしながら以前の僕がそうであったように、闇雲に情報を仕入れて独学で治そうとししても、ムズカシイ。パニック障害は決して心や気持ちの問題ではありません。
気の持ちようではなく、脳の問題だからです。

 

僕個人としては…
『薬を飲み、運動をして、睡眠をとる』ことがとても重要だったと考えています。

今現在悩んでいる方へ

 

今現在、本当に苦しくて先が見えない方がたくさんいると思います。
25歳から30歳までの僕がまさにそうでした。

 

この暗いトンネルはいつまで続くんだろう

オレはまた元の生活が出来るようになるのか

本当に良くなるのか

 

頭で理屈はわかっていても、体が反応してしまう。
ひたすらビビって、悶々としていました。

 

あれから13年が経過しました。
僕が得た答えは…

 

『出来ないことも多いが、どうにかなる、と思えるようにはなる』

 

これだけ悩んだこと、これだけ苦しんだこと。
それは誰でもは経験し得ないこと。僕の強烈な個性になったかもしれません。

 

周囲に弱音を吐き、助けてもらいました。
人に感謝するための修行期間だったのかもしれません。

 

最後に。

 

当時「時間がクスリだよ」と言われた言葉をとても信じられませんでした。
でも今は「そうかもしれない」と思えます。

 

これからも完治するかどうかはわかりません。
しかしこのピー助と家族ぐるみで明るく付き合っていこうと思います。

本日も最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
再見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください