日常を面白くするために。「独り文化祭」開催のススメ。

「何か面白いことない?」と友人や職場の同僚に尋ねられたら、必ず「あるよ」と答えるようにしています。

すると「え?何ナニ?」と一瞬食いついて来るのですが、実際に僕が面白いと思っていることを伝えても、90%の人はそれを実行しません。

・「でもオレ時間がないからな〜」

・「あ〜◯◯ね、それ聞いたことはあるよ」

・「でも嫁さんがね〜」

・「それって何かメリットあるの?」

etc…

まあハッキリ言って↑のような反応は聞き飽きました。
僕としては質問に答えただけなんですけど。

そしてその度に…

え?面白いことしたくないの?

え?どんな条件が揃ったら面白いことが出来るの?

なんて思っちゃいます。

最近ではいちいちその反応にもガッカリしなくなりました。

何も特別なことはススメてない。

こんなことを書くと、どんな稀有なこと、キテレツなことをオススメしとるのか!?と思われそうですが、何てことはありません。

・あの本面白かったよー

・あの映画はマジでスゴイ

・ちょっとこのバンド、マジでカッコイイから聴いてみて

・アイロンがけとか洗濯とか、極めたらカッコいいじゃん

・本気で靴磨きしたら瞑想状態入るぜ

・この人のブログ、めちゃくちゃ頭イイよ

・子供にカッコ良いと言われ続けるために体鍛えなよ

・副業とかしてみたらいいんじゃない?

・ブログとかツイッターとかやってみなよ、ちょっと世界が広がるよ

・何か興味あるなら、スポーツでも何でもやってみなよ

・糖質ダイエット、ガチでやってみたら?

ってな具合です。
元々が好きなことや、好きなモノを人に話すのが好きですし、質問されたからには本当に自分が面白いと思っていることを答えなきゃ、と思ってるんですけど。

僕がズレてますかねえ・・・。

こんな便利な世の中で、アレコレ欲しい情報をソッコー手に入れられて、周りを見渡せば面白そうなことがゴマンとあるのに。やることいっぱいあって、やらないことを選ぶ方が大事だっちゅうくらいなのに。ハハーン、さては・・・

ハナっから自分で動く気無いな、オヌシ!

文化祭は、もう無い。

まあ実際は僕がズレてるのかもしれないですけど。
ただ、社会人にもなると、もう面白いことなんて誰も用意してくれないと思うんですよ。
学生時代ならまだしも。

普通に暮らしてたらある日突然周りからステージに上げられ、自分のためのとんでもないイベントが開幕する、なんてことはないんですよ。あの訳もなくドキドキした文化祭みたいなイベントは。

だから自分で「自分イベント」「独り文化祭」を開幕するんですよ。
自分で面白いことを作って、独りほくそ笑むんですよ。
僕なんて総動員人数は、僕1人です。ふふふ。

・独り職場のデスク断捨離大会

・エレベーターは使わずに階段オンリーDAY(僕の職場は9階)

・独り米抜き祭

・絶対自分が先に挨拶カマしたる選手権

・今日は運転中に絶対怒らないグランプリ

・LINEにはソッコー返信してやるゼ週間

・とことん子供の遊びにつきやってやるSUNDAY

etc…

数々のくだらないとも思えるイベントを「独り文化祭実行委員」として繰り返し開催してきました

なぜか?

こうするとちょっとしたゲーム感覚と、妙な達成感が味わえるからです。

誰にも宣言してないので自分独りの自己満足ですが、ある意味自分との闘いになるので行動力はつきますよ、マジで。

最後に。

僕なんかは、人から面白いと言われたことは割とすぐ飛びついちゃいます。
だって自分が知らないだけで、実はそれが面白かったらもったいないですもんね。
だから常日頃身軽にいたいとも思うのですが。

でも中には人から何かオススメされてもやっぱ億劫なんだよな〜って人もいると思います。
そんな人は「独り文化祭」を開催したらいいと思います。何でもアリです。

「今日は嫌いなヤツと絶対口聞かないフェス2017」・・・とか(笑)
非常にリスキーですけどね、鬼ゲーだと思って挑むもよし(笑)

本日も最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
多謝多謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください