『若尊神社』鹿児島の知られざる絶景スポット

またしてもご無沙汰しております。管理人のジュニアです。

 

「身軽に生きるために、ミニマルに暮らすために、それが問題だ」をテーマに、相変わらずの日々を送る3人の子供(みんな男の子)を持つ37歳の父親でございます。

 

今更ですが、皆様ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

我が家のこどもの日

 

我が家は5月5日のこどもの日・・・
「父ちゃんがどこかで見たカレンダーの写真の風景」という、漠然とした記憶を頼りに、ネットでどうにか検索して・・・

↑こんな感じの海と山の間の岩場に作られた遊歩道を30分ほど歩き・・・

 

↑「桜島を臨む鳥居」に無事ゴールしたのでありました(肝心の桜島が鳥居とカブってる・・・)。

若尊鼻の若尊神社

 

この絶景にも関わらず、道中は釣り人とお散歩中のおじいちゃんおばあちゃんくらいしかいないという、なかなかの穴場っぷりでした。

 

当日知ったこの神社の名前は・・・
「霧島錦江湾国立公園にある若尊鼻(ワカミコバナ)遊歩道」を歩いた先にたどり着く「若尊(ワカミコ)神社」でございます。

 

「鹿児島にこんな景色があったんだ」と驚いたこの鳥居までの所要時間は、遊歩道を歩くこと約30分でした。三男を抱っこしての往復1時間はナメてかかるとヤバい運動量でございます。遊歩道といってもそれなりに岩場ですので。

 

それでも今までにワタクシが観た桜島を臨む景色の中ではナンバーワンであると言える程の絶景でした。道中、潮風が心地良いのもまた良し。

 

こどもの日に、「子供たちに綺麗な景色を観せたる」と息巻く父親に付き合わされ、往復1時間の道のりをおびただしい数のフナムシに怯えながら踏破した長男と次男、そして妻。スバラシイ体験になったであろうと願う次第であります。

 

改めて子供の成長の速さを感じるここ最近。
キャッキャ言いながら一緒に出かけてくれる小さいうちに、田舎の色々な景色を観せておかねば、と思うのでありました。

 

本日も最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
多謝多謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください