身軽に生きるために。こだわらずに流される。

こんにちは。管理人のジュニアです。

 

「身軽に生きるために、ミニマルに暮らすために、それが問題だ」をテーマに日々を送る、3人の子供(みんな男子)を持つ37歳の父親でございます。

 

ブログの更新が滞るうちに、あれよあれよと1ヶ月が経ってしまいました。
年度末から年度始めにかけて、仕事に精を出しておりました次第であります。

 

異動に備える日々

 

ワタクシ、実は今年の初めに4月からの異動を職場で命じられておりました。
その「新しいプロジェクト」とも言うべき異動に向け、淡々と準備をしていたこの数ヶ月。

 

長年過ごした居心地の良い場所から、新しい場所へ。
名残惜しいし不安もありますが、新しいことに挑戦するチャンスでもあります。
37歳、それなりに責任を持って懸命にやってきた場所を離れるにあたり、どんな心境で臨んだかと言いますと・・・

 

「流されるだけ流される」

 

これであります。

 

どうにもならないことは諦める

 

元はあれこれ考えてしまう性分のワタクシ。
それが以前にも綴ったように、子供が生まれた頃から「悩んでもどうにもならんモンは本当にどうにもならん」という考え方に変化してきました。

 

ワタクシの場合・・・
「何か」に対してヒーヒー苦しむのは、決まって「自分」が自分の「価値観」やら「常識」でその「何か」をコントロールしようと抗っているからだったりするのであります。

今回の異動に関しても、話が来た時から「こだわらずに流されよう」と、自分がどこに流れ着くのか「お任せ」することにしておりました。

流れ流された先に辿り着いたのは・・・

 

結果、3ヶ月かけて準備をしていた今回の異動・・・。

 

白紙でございました。

 

現在お世話になっている方々からの、お上への訴えにより、引き留められるという結果に。その結果にももちろんこだわらず。

自分としては「求められるところで、やることをやる」だけでございます。

ただそれでも熱意を持ってお上を説得して、自分を必要としてくれた方には心の底から感謝しております。まさかそこまでの気持ちがあったとは、と改めて自分たちの信頼関係の強さを認識致しました。

 

最後に

 

「流れるだけ流されてみた結果、元に戻った」という今回の一連の騒動。
不安がなかったといえば嘘になりますが、必要以上に悩まなくて本当に良かったです。
身軽に、こだわらずにいた結果、実際に変化なしだったわけです。

 

何がどうなるかなんて本当にわからないものですねえ。
年明けに異動の話が来た時、まさかそれが撤回されるなんて絶対に想像できませんでしたから(笑)

 

ということで、サボりにサボったブログの更新をやっとすることが出来ました。
果たして年内に100記事達成が出来るのでしょうか・・・!?

本日も最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
多謝多謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください