ミニマルに、身軽に暮らしたい。モノを少しずつ減らしていく中で見えてきたこと②

こんにちは。管理人のジュニアと申します。

 

「身軽に生きるためには、ミニマルに暮らすためには、それが核だ!」をテーマに日々思案しつつ、3人の男の子と格闘を繰り広げる37歳の父親です。

 

インフルエンザの注射を打ちに連れて行った長男と次男が、泣かずに接種できたことに成長を感じている今日この頃。

 

本日も前回に引き続き、僕がモノを減らしていく中で思ったこと、感じたことを綴ってみようと思います。(第2弾)前回はこちらから↓

http://migaruni.com/2016/11/19/post-160/

 

本当に愛用しているモノは何か?

 

モノを減らす時にやはり基準にしたのが使用頻度。

 

当然使用頻度の少ないモノから減らしていくわけですが、この時に結構意外だったのが「愛用しているモノってかなり少ない」という感覚でした。

 

それは言い方を換えれば・・・
「数少ない限られたモノをヘビーローテーションしている」ということなんです。

 

僕の場合は、

  • ネクタイ
  • ボールペン
  • 仕事に履いていく靴
  • 寝る時に着る服
  • 部屋着
  • カバン
  • ブランケット
  • etc・・・

 

愛すべき陰の立役者たち。

 

先述した、寝る時に着る服。
僕の場合はサッカー短パンを愛用していたのですが、これはもう本当にヘビーローテーションでして。

 

10年以上履き込んで最終的にはお尻の部分に穴が開くくらいでした。みっともないのですが、履き心地が抜群過ぎて他の追随を許さないのです。

 

モノを減らしながらこういった愛用品を再認識するにあたり、「愛用品とは一張羅や高級品のような、特別なモノとは限らない」と気づくことができました。

 

僕の場合はむしろ、愛用品が特別なモノでないことの方が多かったです。

 

そしてそんな地味で普通なんだけど、でも他には代えられない「陰の立役者たち」をもっともっと愛でてやらねばと思うようになりました。

 

使い切った時の達成感、買い替える時の爽快感。

 

ボールペンのインクを使い切った時って、何だか嬉しくないですか?
僕は「使い切ったゼヨ」という妙な達成感があります。

 

そして替え芯を入れる爽快感、手入れをしているような、手慣れたような、
「愛用してるゼヨ」という大人感(笑)

 

アメリカ人がコンバースやヴァンズを履き潰して、「新調すっか」とまた同じスニーカーを買い直す感覚とか、映画の1シーンみたいでシビれます。

 

道具として使いこなせているモノを残したい。

 

モノを減らす中で気づいた重要なこと、それは使用頻度に並ぶ基準・・・
「そのモノを使いこなせているかどうか」という感覚でした。

 

車だって、スマホだって、PCだってそうですが、自分で存分に使いこなせているモノって楽しいし、気持ちがいいですよね。

 

仕事道具、作業道具、生活用具、etc・・・

 

そこに余計なストックやバリエーションは必要ないと思うようになりました。

 

ミニマリストの方々の住まいや、生活が洗練されて見える理由は、この実用美が内包されているからかもしれませんね。

 

「気がついたらこればっか使ってる!」というモノに愛を!

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください