ミニマルに暮らしたい。お風呂場は白で統一してシンプルに。

こんにちは。管理人のジュニアと申します。

 

「身軽に生きるために、ミニマルに暮らすために、それが重要だ!」をテーマに、試行錯誤を繰り返しつつ、小さな男の子3人と戯れる30代の父親でございます。
気がつきゃ今年もあと少し!

 

今日は僕でも簡単に出来た「ホテル気分を御自宅で」な方法を御紹介します。

至って簡単・・・

 

お風呂場を白で統一、色味をなるべく少なくする。

 

これだけです。

 

子供が増えて気がつくのが、「子供用品は色が強い!(笑)」ということ。可愛いデザインが多いのですが、アンパンマンにしろ、ドラえもんにしろ、戦隊モノにしろ、とっても色が明るいです。基本原色ですから(笑)

 

僕も妻も明るい色は好きです。以前は黄色い車に乗っていたくらいです。しかしながら家族が増え、限られた家の中をダウンサイジングするにあたり、色味が多いと効果を実感しにくいことに気づきました。

 

簡素なビジネスホテルの潔さが気持ちいい。

 

ビジネスホテルのようなシンプルな部屋に泊まった際に、妙に頭が冴える感覚ってありませんか?

 

「何だか無性にクリエイティブなことがしたいぜ!」という妙な万能感のような(笑)

 

僕は何だか手帳にツラツラと書き連ねたくなったり、読書がしたくなったり、あれはモノが少なくてやりたいことが明確になるからだと思うのですが。

 

ビジネスホテルのお風呂なんかは必要最小限のモノ、色味しかありません。
造りに関しても必要最小限。ユニットバスが多いですし。

 

家のホテル化は難しいとして、お風呂とトイレくらいはホテル感を出せないか!?というのが僕の願望で、それに妻は付き合ってくれています(笑)

 

じゃあ、ということで色味を最小限に、お風呂を白で統一することにしたのです。

 

無印良品の白い詰替えボトルがありがたい。

 

お風呂場の洗顔(僕用・妻用)、ボディソープ、子供用のボディソープ、お風呂用洗剤の容器をまとめて無印良品の詰め替えボトルで白くしたところ、やたらスッキリ。

 

雑誌や書籍こういうことがオススメされてるのは知ってました。
けど僕は「何か白で統一って、いかにもだなあ」と毛嫌いしていたのです。

 

しかしながら子供が増え、心境の変化があり、実践してみて、その爽快感に「は、早くしとけば良かった・・・」と後悔しました。

 

お風呂掃除がしたくなる。

 

ホテル感に関しては完全に自己満足の領域ですが(笑)、もう1つの大きな効果が「お風呂を綺麗に保ちたくなる」という感覚が強くなったことでした。

 

家全般、部屋全般を白で統一する方が多い理由に、「掃除の効果が見てとれる」というのがあるのではないかと思います。

 

ピカピカになるのがわかりやすいですから。そしてやはり空間が広く感じる。

 

僕に遅れてやってきた白ブーム(笑)・・・は、恥ずい!
しかしながら効果は絶大、目に入ってくる情報量をよりミニマルに。

 

お風呂をよりくつろげる空間にしたい方は是非!(今更ですかね・・・笑)
費用対効果は抜群です。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください