ミニマルに、身軽に生きるために。「やらないことリスト」を作ってみよう。

こんにちは。管理人のジュニアと申します。

 

身軽に生きるために、ミニマルに暮らすために、それが問題だ!をテーマに3人の男の子と日々格闘中の30代後半、気がつきゃアラフォーの父親です。

 

身軽に生きる、そのためには、頭の中もスッキリしていなくては。
そう思う常日頃であります。

 

そんな僕がオススメしたい日々の習慣があります。

それは・・・

 

fullsizerender-9

「やりたいことリスト」ではなく、「やらないことリスト」を作る。

 

というものです。

 

日々の仕事や、暮らしの中で「TO DO リスト」つまり「やるべきことリスト」や「やりたいことリスト」を作る機会は誰しもあるのではないでしょうか。

 

僕も「今日中にやるべきことリスト」や「死ぬまでにやりたいことリスト100」などは愛用していたほぼ日手帳によく書き連ねていました。

 

しかし子供が増え、自分の時間が少しずつ減ってきてからは、「やりたいことをやるためには、やらないことを決めなくては」と強く思うようになってきました。

 

何かを選ぶということは、何かを選ばないということ。

 

悲しいかな、時間は有限です。
(スピリチュアルな考え方では時間の概念はないのでしょうが、それは置いといて)

 

何かをするためには、何かをしないという選択が必須。

 

そこで僕は「もうこれはやらない、時間がモッタイナイ」というコトをリストアップし、やりたいことと同じくらい大事な「暮らしの指針」とすることにしました。

 

この「やらないことリスト」の習慣は、様々なシンプルライフの書籍でも多くすすめられています。

 

とにかく思いつくままに書いてみる。

 

僕の場合で「もうこれはしない!」をいくつかリストアップすると・・・

 

  • タバコを吸うこと
  • スマホゲームをすること
  • 映画のDVDを借り貯めすること
  • カップ焼きそばの大盛りを食べること
  • 今の職場で生き抜くための資格試験などの勉強をすること
  • ありもしない未来のことを想像して勝手にブルーになること
  • 変えられない他人の頭の中を詮索したり、説得したりすること
    etc・・・

 

本当しょうもないことや、「もういつから同じこと考えてるんだろう」ってことなど、とめどなく出てきます・・・。

 

「やりたいことリスト」以上にガンガン筆が進むのは僕だけでしょうか(笑)
それだけ「普段やりたくないことをやっている」ということに気づかされます。

 

削ぎ落として、研ぎ澄ます。

 

「やらないことリスト」を作成し、備忘録としてたまに見返すうちに、まず僕は禁煙に成功しました。(タバコをやめて1年以上が経ちます)

 

「やらないことリスト」を作ると、いかに「自分が本当はやりたくないことを習慣化しているか」がわかります。イヤでもわかってしまいます。

 

僕は上に書いた以外にも、「やらないことリスト」が本当に沢山あります。
ただこれらをリストアップしたことで、不思議と「やりたいこと」が明確に、クリアになってきました。

 

実は「削ぎ落として、研ぎ澄ます」というこの段の見出しは、最後までこのブログのタイトルにしようと思っていた言葉でした。

 

身軽に生きるために、ミニマルに暮らすために、削ぎ落として研ぎ澄ます。
そのために知る、自分が嫌いなこと。「やらないことリスト」。

 

大変オススメであります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください